髪が細くなった女性向け育毛剤

MENU

40代向け育毛剤を探してますか?

 髪が細くなると、思うように髪型が決まらないし、ボリュームがなくて老けて見えるし、憂鬱ですね。
 30代半ばでお肌の曲がり角をむかえるように、頭皮も30歳が近づくとだんだん張りと潤いを失っていきます。
 そして栄養が届きにくくなった髪は次第に細くなっていきます。

 

髪が細くなったことに気づいたのはラッキー
 抜け毛は突然始まるわけではありません、ある日、お風呂の排水口が抜け毛でいっぱいになってぞっとした、ということがありますが、それでも前兆があるわけです。
 その前兆のひとつが髪が細くなることであり、抜け毛が進む前に髪の細さに気づけたのはむしろ喜ばしいことです。

 

肌に化粧水をつけるように育毛剤を使う

 洗顔後に化粧水をつけない女性はほとんどいないでしょう。保湿・保水は美肌を保つにはかかせませんね。
 人の肌は古くなると剥がれ落ちます。そして新しい肌が内側から押し出されます。
 髪の毛も同じです。次に生えてくる髪が太くハリのあるものであるためには栄養補給が必要です。

 

 多くの人は育毛剤は「髪を生やすため」に使うと思っていますが、実は健康な髪を作るためにつかうべきなんです。

 

40代で育毛剤を使うのはもう常識?

 以前は育毛剤といえば、男性向けのものばかりでしたが最近では女性向けのタイプも増えてきています。
 年齢によって髪のボリュームが減ってきたと感じる方や、髪が細くネコッ毛という方でも育毛剤を使用することで、徐々に髪の毛が太く丈夫になってくることが実感できるようになります。
 実際に女性の育毛剤を使用している人の中には特に薄毛ではないけれど、細い髪を丈夫にするために使っているという人も多いのだそうです。

 

 育毛剤を選ぶときに注意しなければならないのが、女性は女性専用の育毛剤を使用するということ。
 男性の育毛剤は薄毛対策に作られており、女性とは髪が薄くなる原因も異なるため、女性が男性用の育毛剤を使用してもあまり効果はありません。
 もちろんプロペシアなどのAGA用飲み薬も男性専用ですので、ご注意を。

 

産後女性用育毛剤の選び方

 女性用といってもどんなものを選べばいいの?という方も多いのではないでしょうか。
 特に30代〜40代女性は出産を機会に、髪が痩せてくるという場合が多いですね。

 

 産後女性に必要なものは頭皮を健やかな状態にしてくれる栄養素です。
 頭皮の環境を整えてくれる海藻から抽出した成分や育毛効果のあるセンブリエキス、ニンジンエキス、カンゾウエキスなどを配合。
 新しく生えてくる髪を太く丈夫に育ててくれる効果が期待できます。
 使い続けている方からは髪にコシが出てきて、スタイリングがしやすくなったという声が多く寄せられています。

 

 毛髪にはヘアサイクルがあるため、育毛剤の効果を感じるのは半年くらいかかるとされています。
 特に、産後の抜け毛は、個人差はあるものの誰でも経験するものです。髪が細い人は少しでも早く育毛剤でのマッサージを習慣にして、太く丈夫な髪を育てていくようにしましょう。

 

 

育毛剤の本当の効果

あなたのまわりで髪の悩みを抱えている人でこんな人はいますか?

 

市販の育毛剤を使っている人で、見違えるほど髪がフサフサになった。
ツルツルだったのに、髪が急に増えてびっくりした。

 

おそらくいないでしょう。なぜなら、市販の塗るタイプの育毛剤は髪を増やすものではないからです。
それでも育毛剤は世の中に沢山出回っていますよね。そして多くの人が愛用しています。

 

では、育毛剤にどういう効果を期待すればいいいかという、今度生えてくる髪を丈夫にすることです。
髪の毛には毛周期があり、育ちきった髪は必ず抜けます。そして新たな髪が生えてくるわけですが、そこで丈夫な髪が生えてくるかどうかが育毛剤を使っているかどうかでかわってきます。

 

髪が細くなったという人も、今ある毛を急に太くすることはできません。
でも、今度生えてくる毛を丈夫でハリのある髪に変えることはできるんです。

 

 

まずは原因を知って対策すること

女性に限らず、意外に自分の髪のことは知りません。
正面から見た前髪のヘアスタイルは気になっても、後頭部は合わせ鏡をしない限り見ることはありませんね。
ましてや自分の頭皮の状態なんて、発毛サロンにでもいかないと知ることはできません。

 

育毛剤や育毛シャンプーはもちろん健康で丈夫な髪を生やすことに期待できますが、髪が細くなったり抜けたりする原因はさまざまなので、それだけでは十分とはいえないですね。
なぜ髪が細くなるのか、痩せて抜けないためには、育毛剤以外にできることはないのか?
日常生活でできる努力や、簡単なヘアケアについても知っておきましょう。